ホーム > 國民會館について

國民會館について

國民會館について 〜政治教育の殿堂〜

國民會館の創設者武藤山治は、私財を投入して昭和7年に社団法人國民會館を設立、翌年には大阪城のお堀端、天守閣の真正面に当時としては数少ない1200人を収容出来る「國民會館」を建設して、爾来九十
年近くにわたり、国民の政治教育を中心する公益事業を追求してまいりました。その間平成2年老朽化の為「國民會館住友生命ビル」として建て替え、平成22年4月には「公益社団法人國民會館」としてより高い公益性を追求する組織へと昇格いたしました。
尚、武藤山治の「國民會館設立趣意書」は、設立時の原文そのままに新法人の定款と登記簿に引き継がれています。

image大阪城お堀端にある國民會館住友生命ビルの全景、國民會館はその12階最上階(1990年-)

image國民會館旧ビル(1933年-1988年)

國民會館定款・設立趣意書

設立趣意書

國民會館の事業計画

令和3年度事業計画(自令和3年4月1日至令和4年3月31日)

1.公益目的事業

  1. (1)講演会事業(公1)
  2.   @「武藤記念講座」は、テーマ選定と講師の人選に重点を置き、内容の充実を図りながら、国民の健全な
        政治意識の向上と教養の涵養に努めます。
          なお開催回数は年間14回とし、大阪(武藤記念ホール)12回、東京2回開催します。
  3.   A講演会の開催は、事前にホームページや月刊誌で積極的に広報します。
  4.   B会員に配信する「講演要旨」を速やかにホームページ上で一般公開し、広く議論を通じて国民の健全な
        政治意識の向上を目指します。
  5.   C國民會館の主張「金言」を会員及び関係者に配信するとともに、ホームページ上で公開し、国民の政治
        意識の向上を図ります。
    >武藤記念講座
  6. (2) 集会場貸与事業(公2)
  7.   @集会場は、国・自治体の政策の浸透、及び公益を目的とする諸団体の講習会、研修会、諸会議など公益     活動への貸与を優先します。なお公益目的事業の利用率目標は80%以上とします。
  8.   A集会場は、新型コロナ感染症の予防措置を講じるとともに、掃除の徹底・サービス(会場受注・設営・
        運営)の向上、設備備品の充実で、顧客満足度の高い、高品質ホールを目指します。
  9.   B会議場検索サイトを有効に活用し、集会場の利用率の向上を図ります。なお集会場全体(収益事業を含め
        る)の稼働は340コマ(稼働率70%)を 目標とします。
    >貸ホール・貸会議室
  10. (3) 出版事業(公3)
  11.   @「國民會館叢書」1冊と「叢書別冊」1冊の年間2冊出版し、会員に配布するとともに、国会議員、学
        者、マスコミ、主要な図書館に無償で配布し、国民の政治、経済、文化に対する啓発活動を推進します
        。
  12.   A機関紙「國民會館だより」を年2回発行し、會館活動を支援する関係者、会員全員に配布します。
    >出版事業
  13. (4) 記念室展示事業(公4)
  14.   @当會館創設者の武藤山治は近代日本を代表する人物であり、その 第一級の 資料を収集し、公開しま
        す。
  15.   A「武藤記念室」では、山治が活躍した明治中期から昭和初期の時 代背景を示しながら彼の生涯を紹介し
        ます。
  16.   B米国パシフィック大学の「武藤ルーム」の運営支援を通じて、東 洋関係の新規書籍購入とVR(仮想現
        実)による「日本の伝統文化」や「山治の思 想」を紹介し、日米の相互理解に役立てます。
    >武藤山治について

2.収益事業

  1. (1)不動産貸付事業(収1)
  2.   @ビルの新たな所有者である株式会社リオ・コンサルティングと意思疎通を深め、良好な関係を築きま
        す。
  3. (2)集会場貸与事業(収2)
  4.   @集会場利用が閑散な時は、公益以外の一般貸付を行い、集会場全体の稼働率向上を目指します。

3.管理(法人)

  1. (1)財務
  2.   @金融資産の運用は、「資産運用規定」に則り、安全性を第一として適正な運用を行います。
  3.   A設備投資は主に集会場の顧客満足を維持するための設備、備品の更新・補強の範囲に止め、大型の設備
        投資は計画しておりません。また借入金の計画もありません。
  4.   B公益認定基準、会計処理規程等に則り、正確で迅速な経理処理を行います。
  5. (2)総務・人事・情報
  6.   @新型コロナウイルス感染症の予防にむけ適切な措置をとります。
  7.   A情報通信技術の導入や活用方法の検討を行います。
  8.   B人材の育成を図ります。

収支予算書

収支予算書は、こちらをご覧ください。

事業報告・財産目録・決算内容

事業報告・財産目録・決算内容は、こちらをご覧ください。

理事・監事

令和3年4月1日の役員名簿です。

理事・監事の名簿は、こちらをご覧ください。

正会員

正会員の名簿は、こちらをご覧ください。

國民會館「武藤会長 -金言-」

当会館の武藤会長が、政治、経済、外交、軍事などの諸問題に鋭く切り込みます。
メールマガジンで好評連載中。

これまでの「金言」についてはこちらをご覧ください。

賛助会員募集

國民會館の主張、活動に賛同される方はぜひご入会ください。(年会費 2000円)
賛助会員の入会特典(無料)
    ・ 武藤記念講座の聴講
    ・ 國民會館だより・叢書の配布
    ・ メールマガジンの配信(金言・講演会要旨)

賛助会員募集について、詳しくはこちらをご覧ください。

メールマガジン会員募集

2012年8月より、月1回メールマガジンを発刊しております。
メールマガジンについて、詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

イベント情報や館内のご利用についてなど、お気軽にお問い合わせください。

※メールソフトが開きます

お問い合わせ